【補助金】文化芸術活動の継続支援事業

●文化芸術活動の継続支援事業とは?
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、舞台芸術等の活動自粛を余儀なくされた文化芸術団体が感染対策を行いつつ、活動の再開に向けて取り組む事業に対して経費を支援する事業。

●対象となる者
<文化芸術活動を行う個人または小規模団体(従業員20人以下)>
・フリーランスを含む個人事業者
・社団・財団法人(一般・公益)
・株式会社等の会社及び会社に準ずる営利法人
・NPO法人
※文化芸術の公演・制作に携わることが定款及び活動実績により明らかな団体に限る。

●対象となる条件
<次の文化芸術活動に携わること>
・不特定多数に公開することによって、チケット収入等をあげることを前提としたもの
・新型コロナウイルス感染症によるイベント等の自粛によって大きな影響を受けていること
・再開にあたって、複数人の参加や稽古が必要といった事情により再開が困難、または新型コロナウイルス感染拡大予防のために従来と同様の収入が確保できない可能性がある活動

個人の場合は、プロの実演家、技術スタッフであること。
団体の場合は、構成員や個人に報酬を支払う団体であること。

<想定されている分野・対象範囲>
・音楽、演劇、舞踊、映画・アニメーション
・コンピュータその他電子機器を利用した芸術
・伝統芸能
・大衆芸能など

●対象となる取組
(1)次のいずれかの取組を含む活動計画を支援
・国内外の観客、参加者等の回復・開拓
・活動の継続・再開のための公演・制作方法の検討・準備・実施
・雇用契約の明文化等の経営・ガバナンスの近代化

(2)(1)と併せて行う、業種ごとの新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに則した取組

●補助率等
上記(1)の経費 3分の2または4分の3 +(2)の経費 定額

●補助の形態
標準的な取組を行うフリーランス向け 上限額20万円
より積極的な取組を行うフリーランス向け 上限額150万円
小規模団体向け 上限額150万円
共同申請 上限額1500万円

●事業実施期間
令和2年2月26日(水)から令和2年10月31日(土)

●申請期間
第2次募集 令和2年8月8日から令和2年8月28日
第3次募集 令和2年9月12日から令和2年9月30日(予定)

●事務局
独立行政法人日本芸術文化振興会

●申請の際のポイント
文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」事務局ホームページに、募集案内、解説動画、Q&Aなどがアップされていますので、必ず確認しましょう。
☆文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」事務局ホームページ

ダンスの団体運営に関するお問い合わせやご相談について、メールまたはお電話で受け付けております。

杉本理惠 行政書士事務所

オフィス
〒273-0003
千葉県船橋市宮本1-7-11
TEL 047-455-3483
FAX 047-422-0570
Mobile 080-4470-5830
E-mail rsugimoto@clear.ocn.ne.jp
千葉県行政書士会
登録No.09100835

東京入国管理局申請取次者

PROFILE

杉本 理惠
千葉県出身
ITインストラクター、高等教育分野のコンサルティング会社などを経て、スポーツ界に。スポーツマネジメント会社では各種スポーツイベントのプロデュース、スポーツ指導者のランニングサイトなど企画制作を担当。現在、行政書士としてプロスポーツクラブ、地域スポーツクラブ、スポーツイベント制作、スポーツマーケティング、アスリートなどのスポーツ関連のクライアントをメインに、スポーツにかかわるさまざまなプロジェクトに日々取り組んでいます。