【助成金】子どもゆめ基金―平成30年度助成の概要

●平成29年度子どもゆめ基金の概要
子どもゆめ基金は、子どもの健全育成を推進するため、地域の草の根団体等が実施するさまざまな体験活動や特色ある新たな取り組みに対して、支援を行っています。
助成分野がいくつかありますが、スポーツキャンプやスポーツイベントで活用できそうな分野を以下にピックアップしてご紹介します。

【助成の対象となる活動】
■子ども(18歳以下)の健全な育成を図ることを目的に行われる体験活動
(1)自然体験活動
子どもが自然に触れ親しむ活動を通じて、自然への理解や興味関心を深めるような活動。
たとえば、ハイキング、沢歩き、キャンプ、野外炊事、自然の中での生活体験など
(2)交流を目的とする活動
子どもたちが異年齢や異世代交流、地域間の意図的・計画的な交流等を通じて、互いの理解を深めるような活動。
たとえば、スポーツによる交流体験など
(3)総合・その他の体験活動
意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動を通じて、子どもたちの総合的な力を育む活動
※その他、科学体験活動、社会奉仕体験活動、職場体験活動などがあります。

【助成の対象となる団体】
子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動の振興に取り組む団体(公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人、特定非営利活動法人、法人格を要しないが活動を実施するための体制が整っている団体)
※株式会社も申請可能です。
【助成の対象となる経費】
活動を実施するために必要な経費(謝金、旅費、雑役務費、その他経費)。
たとえば、指導者や運営協力としての謝金、交通費や宿泊費などの旅費、外部専門家や団体に支払う雑役務費、ちらし・ポスター印刷や会場借料などのその他の経費が対象となります。
【助成金の額】
活動規模によって、3つに分かれます。
■全国規模―24都道府県以上で、参加者を募集する活動
標準額 300万円/限度額 600万円
■都道府県規模―全国規模以外で、都道府県全域またはそれを越えて参加者を募集する活動
標準額 100万円/限度額 200万円
■市区町村規模―上記以外の活動
標準額 50万円/限度額 100万円
【活動期間及び申請期間】
一次募集と二次募集があります。
■一次募集
活動期間 平成30年4月1日〜平成31年3月31日
申請期間 郵送申請:平成29年10月2日〜11月14日  電子申請:平成29年10月2日〜11月28日
■二次募集
活動期間 平成30年10月1日〜平成31年3月31日
申請期間 郵送申請:平成30年5月1日〜6月5日 (2)電子申請:平成30年5月1日〜6月19日
くわしい内容については、子どもゆめ基金サイト「子どもの体験活動・読書活動 平成30年度助成募集案内」をご参照ください。
●助成金申請のポイント
(1)子どもゆめ基金で過去に採択された活動をチェックしてから、申請する活動を検討するとよいでしょう。
 子どもゆめ基金サイト「子どもゆめ基金ガイド」から確認できます。
(2)わからないことがあったら、Q&Aを活用しましょう。
 よくある質問が子どもゆめ基金サイト「Q&A」にアップされています。
申請書類は確実に抜け漏れのないよう準備しましょう。
☆助成金の申請書類の作成のほか、申請書類のチェックやアドバイスを行っています。
ご相談の際は、メール またはお電話にてお問い合わせください。 

杉本理惠 行政書士事務所

オフィス
〒273-0003
千葉県船橋市宮本1-7-11
TEL 047-455-3483
FAX 047-422-0570
Mobile 080-4470-5830
E-mail rsugimoto@clear.ocn.ne.jp
千葉県行政書士会
登録No.09100835

東京入国管理局申請取次者

PROFILE

杉本 理惠
千葉県出身
ITインストラクター、高等教育分野のコンサルティング会社などを経て、スポーツ界に。スポーツマネジメント会社では各種スポーツイベントのプロデュース、スポーツ指導者のランニングサイトなど企画制作を担当。現在、行政書士としてプロスポーツクラブ、地域スポーツクラブ、スポーツイベント制作、スポーツマーケティング、アスリートなどのスポーツ関連のクライアントをメインに、スポーツにかかわるさまざまなプロジェクトに日々取り組んでいます。